桐光学院 与進校のブログ

日々の与進校と生徒達にまつわるエトセトラ

今週の中学生の予定

今週からは新年度に向けた取り組みを一気に加速していきます。

新中学1年~3年生全員の目標

『春休み明けの課題テスト』

それに向けて1つ1つ課題をこなしてください。

今週の中学生の予定です。


3月25日(月) 校舎開放 午後5:30

新中3A通常授業 午後7:40~10:00

新中3S実力アップ講習 午後7:40~8:50

新中2課題テスト対策 午後8:30~9:50


3月26日(火) 校舎開放 午後5:30

新中3S通常授業 午後7:40~10:00

新中1通常授業 午後7:10~9:00


3月27日(水) 校舎開放 午後5:30

新中2通常授業 午後7:40~9:55

新中1課題テスト対策 午後7:00~8:30

新中3A課題テスト対策 午後8:40~9:50


0001




春の日程

春の日程をご確認下さい。

新中学1年~3年生全員の目標

『春休み明けの課題テスト』

それに向けて1つ1つ課題をこなしてください。

0001

通知表の意味③

昨日のブログの中でお伝えした『観点評価』

どうやって評定を決めるのでしょうか?

これを5段階の評定に反映させる方法は

各観点の評価の『Aは3点Bが2点Cが1点』

として合計点を出します。


昨日同様に国語を例にしてみると・・・

国語は観点の数が5つなので、


最高が15点、最低が5点となります。

合計点14と15点が『評定5』


12点と13点が『評定4』


9点~11点が『評定3』


7点~8点が『評定2』


5点~6点が『評定1』
 

という形になります。


国語以外の主要教科は
最高が12点、最低は4点。


合計点12点が『評定5』


10点~11点が『評定4』


7点~9点が『評定3』


5点~6点が『評定2』


4点が『評定1』



この評価については、校長会でモデルを作り、

教育委員会ごとに細かく決めているそうです。


地区や学校によって多少の違いはあるかもしれません。

新年度の与進校通信

来月4月の月間スケジュールが完成しています。

新中学3年生のご家庭には来週より郵送にて送らせていただきます。

新小4~新中2の皆さんには授業内でお渡しします。

●与進校通信4月号

●4月月間スケジュール

●送迎のご案内

●高校入試について(新中3のみ)

0001

572E19CE-9BCB-4505-9823-C529F13E7057

ご確認下さい。

きちんと書くために  (智久)

中学生は、さまざまな場面で「作文」を書かされることがあります。

夏休みの課題などで出される場合は、

じっくりと推敲する時間がありますが、

国語の試験問題として出された場合は、

長くても15分ぐらいでまとまった文章を書かなくてはなりません。

 

解答用紙にマス目があると、

自動的に「解答しない」と決めてしまう子も見かけますが、

「作文」は一般に配点が高くなります。

たとえば、公立高校の入試では、6点配点です。

初めから捨ててしまうには大きな点数です。

 

国語の試験ということを離れても、

きちんとした文章を書けるようになるのは、子どもたちの将来に、

必ずプラスになるはずです。

 


その意味も込めて、新中2・中3(塾生限定)の

実力アップ講習[国語]では、

「正しい文の書き方」に焦点をあてて授業をしています。

 

たとえば、「作文」は、「書き言葉」で書くのが基本ですが、

現在では、テレビやSNSなどで、「話し言葉」が

そのままの文章になったものを目にする機会が多いせいか、

子どもたちには「話し言葉」と「書き言葉」の見極めが難しいようです。


①おいしいご飯を食べてます。

②おいしいご飯を食べています。

いわゆる「い抜き言葉」の例です(①がNGで、②はOK)。

こうした表現はメールやブログでは当たり前に使われるので、

「作文」で使ってはいけないという意識にはなりにくいものです。

 

こうした点をふまえて、子どもたちがきちんと文章を書けるように、

機会あるごとに指導していきます。

ギャラリー
  • 今週の中学生の予定
  • 春の日程
  • 新年度の与進校通信
  • 新年度の与進校通信
  • みなさんの1年が終わりました。
  • 明日から始まります!!
  • 与進中学校 卒業式
  • 後輩たち 頑張れ!
  • 後輩たち 頑張れ!
カテゴリー
アクセスカウンター