桐光学院 与進校のブログ

日々の与進校と生徒達にまつわるエトセトラ

昨日はこの夏の受験生のイベント『DAY合宿』が行われました。

DSCN1509

DSC05441

朝から夕方までみっちり勉強です。
どの教室でも熱い授業が実施されていました。
まさにこの夏の集大成。
午前中は全員がテストを行い、
すぐに結果発表と刺激を嫌でも受ける最高の環境です。
そしてランキングとして貼り出しました。

DSCN1539

合宿はただ勉強するだけではありません。
自分の位置も分かる環境
周りがどんなスピードで解くのかも分かる環境
この1日で生徒たちは大きく成長しました。
そして今日からの勉強への取り組みが変わります。
最高の環境の中みんなよく頑張りました。

そして日曜日という貴重な日にご協力して頂いた保護者様、
改めて御礼申し上げます。

昨日のブログの続きです。

2学期は成績がガクンと下がる話をしました。
その理由として挙げられるのは・・・

① 夏休みに家庭学習の習慣をつけた人と
学習ペースが崩れた人とでは、
今まで以上にはっきり差がつきます。


② 2学期は,全ての教科で内容が難しくなります。
また、学校行事が多いため授業時間が少なくなります。
しかも1学期にゆっくり進めていた分を取り戻すために
学校の学習進度は一気に速くなります。
そのため、授業についていけない生徒が出てきてしまうのも
2学期の特徴です。


そして成績を下げる最大の原因
③ 2
学期は学校にも慣れ,ついつい気を抜いたりする
お子さまが増えがちです。
そのためどうしても学習量不足になりがちです。
成績がふるわない生徒の共通点は、ケアレスミスが多いこと。
授業のときは分かったつもりでも、テストでは点数が取れない。
なぜなら習熟していないからです。
学んだことを頭にしみ込ませるには、
問題をたくさん解く“演習”が必要です。
そのために『演習できる環境と時間』が大事になります。
成績を上げるためにはこの2つがとても重要な要素になります。
必ず学習量は学力の差となって帰ってきます。
このように,2学期からの学習は危険がいっぱいです。
1学期と同じような気持ちでいると,成績は当然下がっていきます

成績を下げない方法は2つしかありません。

ひとつめは,演習時間を増やすことです。
ふたつめは,解らないことをそのままにしないこと。

桐光学院では『個別授業』『テスト対策』
2学期をしっかりとサポートする準備が出来ています。

桐光学院のお休みの間も、校舎長のみなさんは校舎の花壇の水やり、対策スケジュールの計画を立てたり、ブログを書いたりして過ごしていました。今回はそんな校舎長のなかで、与進校の富田先生のブログの順位がアップしてきました。

富田先生の指導には、優しさがあふれています。校舎の中にもそんな優しい気持ちがいっぱいです。校舎の掲示も富田先生のカラーでいっぱいです。校舎の掲示のブログでもいろいろな校舎のカラーが出てきます。桐光学院の校舎は建物としてではなく、校舎長の思いがつまった空間です。

  

                              桐光学院 本部長 内山典明

 

 

1位 北浜校ブログ(内山校舎長) http://kitahama.blog.jp/  

2位 中郡校ブログ(鈴木校舎長) http://nakagori.blog.jp/

3位 芝本校ブログ(平野校舎長) http://shibamoto.blog.jp/

4位 与進校ブログ(富田校舎長) http://yoshin.blog.jp/

5 福田校ブログ(坂井校舎長) http://fukude.blog.jp/

6位 本部校ブログ(相馬校舎長) http://honbu.blog.jp/

7位 天竜校ブログ(稲田校舎長) http://tenryu.blog.jp/

8笠井校ブログ(杉村校舎長) http://kasai.blog.jp/ 

9位 竜洋校ブログ(福留校舎長) http://ryuyo.blog.jp/

 

このページのトップヘ