桐光学院 与進校のブログ

日々の与進校と生徒達にまつわるエトセトラ

8月後半の実力アップ講習

8月後半の『実力アップ講習』の予定です

(塾生限定の授業です。)

0001

欠席する場合は、お手数ですが必ず連絡を

入れるようお願いします。(メールで構いません)

ご都合が悪い場合も、一度ご連絡ください。

さぁ、階段を1つ上がりましょう

8月に入ってから受験生と面談する機会が多くなりました。

受験生の面談をしていく中で

中3・1学期の通知表の話から次への取り組みに

関してのアドバイスもしています。

与進中の内申点の付け方、傾向をしっかりと伝えて、

2学期の過ごし方をアドバイスします。

中3・1学期の内申は例年シビアに採点されます。

中2の3学期より、2~5点下げられることも

良くあります。しかし、その結果を見て

ただ、何も考えず、夏休みを無為に過ごし、

2学期を過ごしても内申は変わりません。

すでに生徒によっては、夏休みにプラスの課題を

指示して2学期に提出するよう伝えました。


もちろん一番のターゲットは9月4日の
『学力調査』

学力調査はおよそ35/50点ほどが、

中1・2年の内容から出題されます。

9月の学調は、中3内容は1学期分しかないので、

より、中1・2年内容の配点が多くなります。

夏休みは中1・2年内容を優先して復習すること。


中1・2年の復習が出来るのはこの夏休みだけ。

しっかりと勉強時間を確保できていますか?

学校のない夏休みに


【どれだけ学習時間を取ることができるか】
が鍵になります。

塾に行って満足して帰って、家では何もしない…。

桐光生のお家ではそんな光景はないですよね?

これから夏期講習後半戦。

受験生にはどんどん経験を積んでもらいます。

まずは、家で勉強することを当然にしていく。

後半はさらに上のステージに上がってもらいます。

まだ三者面談の希望も受け付けていますので、

ご希望があればご連絡ください。

夏 後半スタートします

明日からは再び授業スタートです。

夏期講習前の目標は

・朝3時間

・昼3時間

・夜3時間

・1日9時間

上の時間は今となっては当たり前になってきました。

絶対にして欲しくないことは

やっていない友達と比べて、『あの子は

全然やってないから自分は大丈夫』

そんな風には思わないように。

比べるのはいつも桐光生でいてください。

やっていない子と比べていては、いつまでも伸びない。

ここからは
『そこにいかにプラスできるか?』が鍵です。

次のステージへ上がります。

朝1時間多く勉強している生徒もいます。

朝一に図書館へ行って勉強している生徒もいます。

講習後に残って2時間勉強する生徒もいます。

時間を増やす工夫をする生徒も増えました。

そして中身『質』を上げることも重要。

ただテキストを解くだけはもうやめ。

自分のものにするための時間を増やすこと。

それぞれ工夫して取り組んでいます。

行きたい高校があるなら、今真剣にやること。

後悔しない夏を過ごしましょう。

学校が始まるまで残り2週間を切りました・・・

0001

進路について考える その2

昨日の続きです。

③「実績」

その高校を卒業した先輩達はどんな

人生を歩んでいったのか、ということも参考になります。

大学進学実績はもちろん、

その高校ではどんな資格が取得できるのか、

どんな就職先があるのか、どんな専門学校へ行けるのか。

パンフレット、最近ではホームページでこれらの実績を

公表している高校も多いはず。

先輩や親戚などに話を聞くというのも良い。

情報を多く集めることも大切だと思います。


④「地理的条件」

3年間通う高校なので「通いやすさ」も重要です。

実際に足を運んでみると「意外に近い」「意外に遠い」

ということに気づくはず。

公立高校の体験入学が終わった後なので

こうした記事を掲載しました。

せっかく行くなら、ただなんとなく行くのでは無く、

様々なことを発見してきてください。

最後に伝えたいのは「なんとなく」決めないでほしいということ。

色々な人に意見を聞くことも大切。私達もしっかりとアドバイスする。

でも、「
最後は自分で決める
」ということ。

そうしなければきっと後悔する。自分の人生である。自分で決めることだ。

高校選びに正解も不正解も無いはずです。

進路について考える

ここ最近になって面談の希望が多く出ています。

そして3年生からも「志望校をどこにしたらいいか」

という相談が増えてきました。

今日は私なりのアドバイスを。

①「将来の自分」

なりたい職業が自分の中にあるなら、

それに必要な資格・専門知識を習得できる環境を探すこと。

例えば教員なら教職免許、医者なら医師免許、

弁護士なら司法試験などなど。

そしてそれを取得できるのはどういった所なのか、

大学なのか専門学校なのか、そしてそこに行くためにはどの高校なのか。

高校はあくまでも通過点であり、ゴールではない。

将来の自分に近づける環境選びが必要。

因みに私は中学生の頃、北海道に住んでいました。

小学校教師になりたいと思っていたので北海道大学に行きたいと考え、

多くの卒業生が在籍する地元の私立高校を目指しました。

②「ライバル」

レベルの高い高校を目指せ!!と言われてもパッとしないと思いますが、

いわゆる「トップ校」と呼ばれる高校の最大のメリットは「ライバルの存在」。

当然その高校のシステムや指導力も重要ですが、

近くで輝いているライバルというのは生徒にとって

最も刺激のある存在になります。

各中学校で上位を取っていた生徒達それぞれの持つ高いモチベーションが

集結したクラスと、ただ遊ぶことしか考えていない生徒の

集まったクラスを想像してほしい。生徒達は周りに流されやすい。

自立した考えを持って行動できる能動的な同級生というのは

かけがえのないライバルとなり、大いに刺激を与えてくれます。

その場だけの楽しさを追求するのではなく

将来を見据えた場所をイメージできる

ライバルの多い高校で過ごす3年間は

言わずもがな有意義なものとなります。

③へと続く

ギャラリー
  • 受験生 この夏の一大イベント
  • 小学生も頑張ってます。
  • 小学生も頑張ってます。
  • 小学生も頑張ってます。
  • 小学生も頑張ってます。
  • 『20時間チャレンジ』お疲れ様でした。
  • 『20時間チャレンジ』お疲れ様でした。
  • 『20時間チャレンジ』お疲れ様でした。
  • 『20時間チャレンジ』お疲れ様でした。
カテゴリー
アクセスカウンター