桐光学院 与進校のブログ

日々の与進校と生徒達にまつわるエトセトラ

『2020』

2020年に行われる教育改革について

この数ヶ月間、保護者の方々からもよく質問を受けるようになりました。

今後の改革についての情報を少しでも知っておいていただければと思います。

0001

【大学入試改革】

現在のセンター試験を廃止し、新たな制度が導入されます。

まず、今までは高校の学力評価は内申点によって示されていましたが、

今後は基礎学力を測るテストが設けられます。

また、センター試験が廃止され、希望者を募り、

学力評価テスト行います。

さらに、大学で受ける当日のテストでは

討論や面談なども盛り込まれていきます。

また、知っておくと役に立つ言葉があります。


『学力3要素』
です。

『学力3要素』
とはいったい??

①十分な知識や技能

②思考力・判断力・表現力

③学ぶ態度


これらの3要素を前提とした問題が出題されます。

例えば、国語と数学を複合した問題で、

答えを導いたその考え方を相手に伝える、

というような問題です。

つまり、丸暗記のような学習では

今後の対応は難しくなっていくことになります。

今後の改革に伴い、普段の学習からどのように

考えて答えを出したのか、

または何がわからなくて答えを導くことが

出来なかったのかを考えていくことが必要不可欠になります。


静岡県の公立高校入試もこの点を踏まえて

問題傾向が各教科で変わってくるかもしれません。

熱量 雄大

昨日6週に渡る理科・社会の確認テストが終了いたしました。

30点満点でラストは平均点を30点にして桐光で伝説となろうと

意気込みましたが残念ながら後一歩届かずという結果でした。

しかし、全6回中最高の平均点をたたき出すことに成功しました。

暗記が苦手なある生徒はこのテストのために,


テスト範囲全56問を1週間で10回以上解いたそうです。

結果は満点でした。

また,確認テストでいつも満点をとる中学2年生のある生徒

万が一,自分が間違えたせいで平均点が30点にならなかったら嫌だと

言ってテスト範囲を,
与進校最多の15回以上解いたそうです。

結果は満点でした。生徒の勉強の手助けをと思い用意した


テスト範囲のプリント200枚。3日で無くなりました。

追加で50枚印刷をしましたがそれも全て無くなりました。

1つのテストに対する熱量の大きさが伺えます。

確かに”結果”は目標に届かなかったかもしれない。

しかし,”過程”はテストに向けがんばった生徒全員に

私は満点をあげたいと思いました。


次は,結果でも満点をとることに期待しています。

中学3年生 来週の予定

来週の中学3年生の予定です。

いよいよ修学旅行がせまってきました。

4月22日(月)


新中3A通常授業 午後7:40~10:00

4月23日(火)

新中3S通常授業 午後7:40~10:00

4月25日(木)

新中3A通常授業はお休みです。

4月26日(金)

新中3S通常授業はお休みです。

そして・・・

4月29日(月)~5月4日(土)までは桐光学院のお休みになります。

※修学旅行の振替は5月下旬を予定しています。

近くなりましたら、改めてお伝えします。

与進校通信 5月号

桐光学院から毎月通信を出しています。

本日から『桐光通信5月号』をお子様に直接配付させていただきます。


●5月 月間スケジュール

●送迎及び駐車場についてのご案内

●静岡県公立高校入試について

※申請書等も入っておりますので、ご家庭で必ずご確認下さい。

0001





受験生の覚悟

新年度・新学期が始まって一週間あまりが過ぎます。

新しいクラスにも少しずつ慣れてきた頃。

そして月末には修学旅行もあります。

帰ってくれば、すぐに連休が始まる。というなんとも慌しい4月後半。

中3年生にとっては今年1年の頑張りで、

自分の進学する高校が決まります。

1年間の勉強だけで進路が決まるわけではなく、

高校入試においては
『この1年の勉強量、質』

で決まると言っても過言ではありません。

毎年言い続けていますが、早く「受験生」に変わること。

誰もが3年生にはなれますが、
受験生になるのは人によって時期が違います。

●この春
から受験生として勉強に取り組める子

一学期の定期テストから受験生になる子

夏休みから変わる子

冬休みになってようやく、本気になる子

最後まで受験生になりきれずに卒業していく子

本当に十人十色。

当然、早く受験生になった子には、

それだけたくさんの時間があります。

当然、自分で考えて使える時間も多くなります。

私も『早く受験生になってほしい』という気持ちで、

授業の最初や最後に色々なデータを見せたり一人一人と話をしています。

では今できることは?

これから習う内容を授業でやることも必要ですが、

まだ学校の授業が本格的に始まっていないこの時期に

今までの復習をしっかりやっておくことも重要。

この春は多くのチェックテストを実施してきました。

そして、たくさんの追試も実施してきました。

なぜ、ここまで追試に力を入れるのか?

それは一年後の入試で全員の笑顔を見たいからです。

ギャラリー
  • やる気満々!!の中学1年生
  • ダブル満点
  • どげんかせんといかん!!
  • サッカー部は西部地区大会
  • 5月は個別強化月間です
  • 正のスパイラル (稲垣) 
  • 正のスパイラル (稲垣) 
  • お休みのお知らせ
  • 今週より中学1年生の時間割変更です
カテゴリー
アクセスカウンター