桐光学院 与進校のブログ

日々の与進校と生徒達にまつわるエトセトラ

2017年3月に新学習指導要領が公示されました。
東京オリンピックが開催される2020年から小学校で
翌年2021年から中学校で全面実施されます。

その内容が徐々に分かってたので、
今回は特集として取り上げてみたいと思います。

今回は『小学校英語』について
小学3・4年生で外国語活動(これまで5・6年生で学習していたこと)が、
小学5・6年生で外国語が教科として(通信簿に評価が出ます)実施されます。

小学英語に関して改訂のポイントは大きく3つ
ポイント1 【時間数の増加】
これまでの週1回(合計70単位時間)の授業数から、
改訂によって3倍の210単位時間となります。
ポイント2 【学ぶ英単語の量】
小学3年~6年まででおよそ700語程度の英単語を扱うこととなります。
ポイント3 【聞く・話す・読む・書くの4技能へ】
これまでは『聞くこと』と『話すこと』がメインとして授業が進められていましたが、
ここに『読むこと』と『書くこと』が加わります。

0002

外国語を教科として扱う以上、成績もつきます。
おそらくテストもあると考えられます。

【例】あなたが夏休みにしたことを(   )に英語を入れて完成させなさい。
I went to (       ).   I enjoyed (       ). 

小学生英語はどんどん変わっていきます。
私も出来る限り発信していきます。
②へ続く

こんにちは。数学担当の杉山です。
昨日、与進校からもやっと数学のズバトコ終了者が出てきました。
中3は1人。テスト範囲が短くなったこともあり、中1は3人。
やはり順位がトップ10に入る生徒は、ズバトコの進度も早いです。
他の生徒がどの程度やってあるか気になったので、
1Bクラスで抜き打ちでチェックした所、3割の生徒が前回のチェックから
5ページもやっていない状態でした。
「前回から5日間もあって、1日1ページもやっていないようでは、
テスト勉強をしているとは言えない。終わっている生徒もいるのだから
もっと取り組み方を考えなさい。」
と、厳しめの話をしました。
中1は、真面目に頑張る生徒が多い学年ですが、
ここにきて少し緩みが見えるのが、気になります。
期末テストまで残り数日。ここからの頑張りに期待しています。

このテスト期間中、中学生に意識して欲しいこと。
それは『はやい』という言葉。
生徒たちの中で安定して
結果残す人にはある特徴があります。
れはいろいろなことが『早くて速い』こと。
テストまでにやっておかなければならないものを
把握しているので各教科の
取り掛かりが早い。
そして、取り掛かる時期が他の人よりも早いので
余裕を持って最後の確認ができる
そもそも準備とは物事をうまくやり切るためのものなので、
その準備が早く、完璧な人ほど
本番で結果を残す可能性が高い。
さらに勉強を始めることが早いということは
テストまで長く勉強できるということになり、
自然と解くスピードが上がって速くなる。
残り一週間は『早いと速い』を意識して勉強してください。

このページのトップヘ