テスト対策期間に入ると教科によって確認テスト→追試という形進んでいます。
テストというのは現状の自分の理解度や習熟度を確認するもの。
合格ラインに達していない場合、より努力が必要ということになります。
最初の一発目のテストで結果を出して、追試を受けないという形が理想。
それでも追試になってしまったのであれば
少なくとも先に合格した人に少しでも近づけるように猛勉強して
すぐに合格しなければいけません。
その追試の採点をしていて感じるのは
本当につまらないミスで点を落としている。
集中力の問題なのか、注意深さが足りないのか
もしくは、早く受かりたい!!という気持ちが先行して、同じミスを繰り返す。
こんな流れをこれまでに何度も経験をしていませんか?
今回のテスト対策を機にミスをなくし、自分の知識や努力を限られた時間の中ですべて出せるようしてみてください。

『追試をやらされている』
と考えますか?
『追試を通して力をつける』と考えますか?

当然、合格するためには校舎だけの勉強では足りません。
家でも何をすべきか分かっているはずです。