①で話した内容から考えると、中学1・2年生に対して
『2学期はより注意して見ていかなくてはいけない』と思っています。
私たちは人間ですから、
一度でも楽をすることを覚えたら、
そこから抜け出せなくなってしまうもの。
楽なほうへ楽なほうへ流されてしまいます。

『勉強時間がないほど忙しいです』
『宿題やる時間がありません』


本当ですか??
絶対そんなことはないはずです。
やる時間がないのではなく、やる時間を見つけられてないだけ。
同じ中学2年生で同じ部活の生徒なのに
自習に来れる子と来れない子は何の差でしょうか?
それは意志の強さだと私は思います。
楽なほうへ逃げるのは簡単。
でも、逃げてしまった分の内容はどうしますか?
来年になってから取り返しますか?
今逃げている人にそんなことが出来るとは思えません。

中学1・2年生には先週から色々な言葉を投げかけています。
そして今週から『15時間チャレンジ』に来ている生徒が
一気に増えてきました。
私たちは受験生だけでなく、どの学年の生徒にも
声をかけています。もちろんこれからも続けていきます。

DSCF8200

DSCF8201

DSCF8203

DSCF8202

DSCF8206

BlogPaint