今年も冬本番です。県内では、風邪だけでなく
インフルエンザも12月から徐々に姿をあらわし始めています。
生徒の皆さんは、学校のお知らせや、
インフルエンザの基礎知識はあると思いますが、
改めてポイントを。

① 予防接種が効くのは『2週間後』から。
受験生は試験日を逆算し、早めに受けてください。
② ウイルスは「飛沫感染」「接触感染」します。
「飛沫感染」はマスクで、
「接触感染」は手洗い・消毒
で予防できます。
③ 予防接種をしても「発症します」
予防接種は、発症する可能性を減らし、
発症しても重い症状になるのを防ぐために行うもの。
「絶対にかからなくなる」訳ではありませんので、

②の対応は必須です。

また、ワクチンの期間は5ヶ月くらいです
(去年のワクチンはもう効きません)
接種すれば受験シーズンは乗り越えられるはずですが、
日常的に、風邪対策、暴飲暴食をしないこと、
温度・湿度管理は心掛けてください。
また、急な温度変化によって風邪をひかないよう
対策をしっかりと行ってください。
細心の注意をはらって、「試験対策」のみならず
「病気に負けない体作り」も行ってください。
桐光学院でも対策として除菌やアルコール消毒、
温度・室温管理を徹底しています。
体調が悪いと思った時は休んで構いません。
体が資本です。
私も先週インフルエンザの予防接種行ってきました。

IMGP3793
IMGP3793

お医者さんの話によると
『この時期の睡眠不足は普段より5倍ほど風邪をひきやすい』
『うがいも大切ですが、こまめに水分補給をすること』
ウイルスが器官に付いた際には、うがいでは取り切れないので
水分で流して胃酸で殺してしまうほうが効果的
とのことでした。

受験生のみなさんは、校舎に勉強に来るときは
こまめに水分補給できるようにしてください。